生物との共生

現代社会において、人間の生活と自然生態系とのバランスがうまく折り合った持続可能な地域環境の創出が求められています。地域における野生動植物の生息環境の調査やその環境評価手法に関する研究を通じて、野生動植物と人間が共生できる空間の計画・設計・維持管理手法のあり方を探る研究に取り組んでいます。

地域固有性の創出

地域固有性を活かしたまちづくりが求められる現在、社寺林や街道、古木、祭りや伝統芸能といった、地域に残存する歴史文化的資源、個人宅の庭飾りといった地域に新たに形成された、生活文化の存在を明らかにすることが重要です。地域における歴史文化的資源や生活文化といった地域固有性の現状と、それらを継承・創出するための手法を探る研究に取り組んでいます。

地域社会・地域経済との調和

土地・水、労働力、資本、食料などの諸資源に新たに環境を加えた環境資源について、地域的かつ国際的視野からその最適利用や最適管理のあり方を社会経済的に解明し、環境資源の持続的かつ生態系調和的な利用システムの構築を目指しています。社会科学領域から環境問題にアプローチするために、主に近代経済学を基礎として、人間の意識や行動に焦点を当てた調査・研究に取り組んでいます。

地域環境のマネジメント

健全かつ持続可能な地域環境を形成するためには、地域環境に関わる上記諸要素の調和に配慮し、そこに関わる人間の意識や行動をうまく変化させていくマネジメントが求められます。身近な生活環境に対する住民の生活行動、野生動植物との共生に対する意識や自然環境教育の実態調査とその評価などを通じ、健全な地域環境をマネジメントするためのしくみづくりに関する研究に取り組んでいます。